Q&A

何歳から受け入れ可能ですか?

0歳からです。0~2歳はBaby Kumon、3歳~は一般教室となります。

 

学年に関係なく学習すると聞きましたが…

勉強には理解力や練習量に差があります。その子が「ちょうど」のところの学習をして、スラスラできれば次へ次へと進んでいきます。
【数唱→たし算→ひき算→九九→わり算→約分→分数…】
「やった!できた」の繰り返しで順に着実に身につけて進んでいく学習法だからこそ、自信が芽生え学習意欲・学力を高めていくことができます。教室の中では、小学生が方程式を解き、隣で中学生がたし算・ひき算を学習するということもあるのがくもんです。
来られた時が新たなスタート、成功体験を積み重ねてより高い目標を一緒に見つけましょう。

 

学校の勉強についていけてないように思うのですが大丈夫ですか?

大丈夫です。一人ひとりに合わせた学習プリントを準備いたします。最初は簡単な所から始め、学年に追いついた学習になる目標を立てます。一人ひとり目標は異なりますが、無理なくすることが能力開発につながります。

 

発達の緩やかな子の受け入れはありますか?

積極的に受け入れています。学校の勉強に合わせるのでなく、生徒さんのちょうどの所を見極め、進んでいくことが能力開発・療育につながると考えています。発達の速度は一人ひとりで大きく違います。一般論を申し上げ、誤解をお招きしてもいけません。ぜひ一度お尋ね下さい。中黒瀬教室では、4歳~18歳まで学習し一般企業に就職された生徒さんがいます。公立の学校でくもんが導入されているのは個人別学習に徹しているからです。

 

宿題が毎日あると聞きましたが…

くもんに限らず、習った事を身につけるのに練習は欠かせません。「宿題はリハーサル、教室は本番」と、よく生徒さんにも言っておりますように学習の定着には欠かすことのできないことです。しかし、これも個人別です。ご家庭の意向、習い事を考慮しご本人とも相談の上決めさせていただいています。

 

教室での学習が終わった後、お迎えまでの時間はどう過ごしていますか?

学習終了後の待ち時間は学校の宿題をされている生徒さんが多いです。幼児さんには数字盤・ジグソーパズルなど教具を準備しております。また、学年問わず絵本・児童書なども本棚にご用意しています。

 

トップに戻る