生徒さんの作文紹介

 

呉三津田高校→大阪大学理学部 丸山 翔太
 <KUMON在籍:小学3年~中学3年>

 大学受験を通して分かったことは、基礎力の大切さです。難しい学校であっても単純な知識問題などの基礎が定着しているかを見る問題を出してきます。
 また、英語の大切さも分かりました。今の時代、英語の力なしで入れる大学はほぼありません。英語ができることは理系、文系を問わず有利になります。
 以上のことから、くもんというのはとてもよい教材であったなと思います。早くから高校の基礎を固めることができるので大学受験を考えるととても大きなアドバンテージになります。また、英語については書くだけでなく聞くこともできるのはとても役に立つと思います。他の科目もですが、英語は特に、社会に出ても必要になってくるものだからです。
 今は何のために、何の利益があってやっているか分からないかもしれません。しかし、後になって必ず「やってて良かった」と思えるようになると思います。生徒のみなさんはぜひ今のうちにがんばっておいてください。

 

広高校→福山市立大学都市経営学部 山岡 貴大
 <KUMON在籍:3歳~中学3年 >

 私は小さい時からくもんをやっていて良かったと思います。くもんのおかげで基礎学力がつき受験の際は勉強が捗りました。くもんの良いところは学年を越えての学習が出来るということです。
 自分が頑張って進めば、その分知識もつき達成感も得られます。これを繰り返すことで成長出来たと思います。くもんはとても良い教材であると共に毎日の宿題などで精神力や忍耐力を鍛えることが出来ました。
 しかし、中学生の反抗期に学習を怠ることがあり、もっとしっかりやっておけば良かったととても後悔しています。今はくもんをしてきて絶対良かったと思うし、やっていなかったことは想像できません。
 なるべく小さいうちからしっかり基礎学力をつけておいてください。基礎をしないでいいことは一つもないのでこれは忘れないでほしいです。そして、くもんでつけた基礎学力で夢を実現してほしいです。

 

「公文を習っていて」 助田 晴菜

 私は、今年初めて受験というものを体験しました。受験は、毎日のように勉強しなければいけないし、遊んじゃだめといわれるし、ほんとに大変でした。でも、それが当たり前だということを初めて知りました。受験を終えて、改めて公文が大切だということを実感しました。その理由は、二つあります。
 一つ目は、集中力が上がったからです。私は、中学一年生の時、集中力がなく、学校の授業中は先生の話も聞かず、友達とおしゃべりばかりしていました。そのせいで成績もあまり良くありませんでした。でも、公文の学習を続けるうちにだんだんと集中力がつき、二年生では、授業中いっさい私語をしませんでした。三年生でも、授業中私語はなく、集中して先生の話を聞くことができました。そのおかげで一、二年生の時よりも成績は上がり、良い結果を残すことができました。だから受験中もしっかり集中して勉強することができたと思います。
 二つ目は、先の学年のプリントを学習するからです。普通の塾は、教科書にそってやるから先の学年のことはやらないけど、公文は先の学年の学習をします。そのおかげで、学校の授業はとても楽でした。難しい問題もあったけど、公文で習ったことを思い出し、たくさんの問題を解くことができました。この時、私は公文をやっていて本当によかったなと思いました。受験でも難しい問題が出たけど、公文で習った方法ですらすら解くことができたのは本当によかったです。
 公文は、少したいぎいなと思う時もあったけど、こんなに力がつくんだと実感し習って本当に良かったと思います。高校に入り、もっと勉強は難しくなるけど、公文で習ったことをいかしながらがんばっていきたいです。

 

「高校受験を終えて」 北川 真美

 私は公文を始めて英語が理解できるようになり、英語をするのが楽しくなりました。
 私が公文を始めたのは中学2年生の秋頃です。それまで私は英語が理解できませんでした。英単語もなかなか覚えられず、英語の授業が楽しくありませんでした。それなのに、予習や復習、分からないとこも先生に聞かずほったらかしでした。このままでは、3年生になった時や高校受験の時にたいへんなことになると思い、公文を始めました。公文の英語は分かりやすく、理解できるまでプリントが教えてくれるので英語が楽しくできました。学校でのテストで徐々に点が取れるようになり、英語の授業も分かるようになりました。それでもまだ完璧ではなかったので、公文を続けていくうえで、英語力を高めていくことができました。そしてむかえた高校受験の日、公文をする前の私では絶対にできなかった長文問題が、公文をしていたので問題を解くことができました。英文の内容もほとんど分かり、楽しく、そして自信を持ってできました。
 高校受験、そしてこれからの自分のためにも苦手教科を克服することは大切です。理科、社会は覚えるしかないけど、国語、数学、英語は公文で分かりやすく、理解することができます。
 私は、公文を始めてよかったです。楽しく理解できたのは公文だからだと思います。

トップに戻る